よくある質問

1.指導者になりたい

Q1: 空いている時間に「地域子ども教室」で指導をすることは可能ですか?
A1: 「地域子ども教室」では一年間の担当制で指導していただくことになっています。地域教育サポーターとして、ご都合の良い時に参加していただくことも可能です。 → 協会会員のページ

2.NPOの地域子ども教室について

Q1: 営利目的の塾とどこが違うのですか?
A1: NPO運営の地域子ども教室は、NPO法の下に活動をしています。 →内閣府NPOページ
Q2: 「ナナメの関係」とはなんですか?
A2: 子どもは社会全体で育てるべきという考え方から、利害関係のある先生でも親でもない(タテ)、同じ視点になりがちの友達でもない(ヨコ)、地域のおじさん・おばさん、お兄さん・お姉さん、おじいちゃん・おばあちゃんなどの(ナナメ)の関係を大切にしていくということから生まれています。地域子ども教室では、このナナメの立場の市民が学びの場を支えています。

*体験参加や申込に関する質問は別ページにまとめています。http://kyoikushien-h.com/faq-taiken/

3.ボランティアについて

Q1: ボランティアとは無償の活動を行うことではないのですか?
A1: NPO法ができる前から議論されている課題です。教育支援協会では「地域子ども教室」の指導については、有償ボランティアとしています。 →神奈川県ホームページ「有償ボランティアをどう考えるか」 
Q2: ボランティアに参加したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A2: だがしや楽校や国の予算事業などの単発のイベントで、ボランティアの募集をしています。
お問い合わせください。
お問合せフォーム

放課後キッズ

放課後イングリッシュ

放課後サイエンス

放課後てらこや

地域社会教育サポート

だがしや楽校

出前授業

活動実績

お問い合わせ