Vol.7 土曜学習の推進を社会教育で!

2002年に学校教育が週5日となりました。これは「地域社会での学習2日制度」の始まりでした。
学校教育中心主義から、「生涯学習」を基本理念とした社会へと再構成することを決めたのです。

これにより子どもたちは自分の好きな学びに時間を使えるようになり、自分の学びたいことを
学ぶことができるようになりました。
スポーツでも、勉強でも、音楽でも、ITでも、社会教育の中で学ぶ機会が増えたのです。

今では国内外で活躍するアスリートや音楽家などの若者が生まれ、また増えています。
この度のOECDの学力調査結果でも過去最高の成果が表れています。

私たちNPOには、子どもたちの「学び」を支援していく役目があります。
地域の子どもたちが、英語によるコミュニケーションに興味があったら嬉しい、
サイエンスに興味をもってリケジョを目指してくれると嬉しい、
本が好きだから漢字をもっと読めるようになりたいと思ってくれると嬉しい。
そんな子どもたちの周りにいる善い大人が地域の指導者になってくれると嬉しい。
そんな思いで放課後や土曜日の「学びの場」を創り出しています。