Vol.1 小学校英語「教科化」へ!!

小学校英語「教科化」へ!!
次の指導要領が実施される2020年から、小学5、6年生では英語が教科に、小学3・4年生では必修化となることがこの度発表されました。2014年度に6歳(年長)になるお子さんから対象学年となります。
この背景には、日本が近隣諸国に比べて大幅に英語の対応が遅れていることが指摘されてきたことと、グローバル時代に対応する人材を育てることが必須だということがあります。
小学校英語が教科になると、中学校同様「読み」「書き」「話す」「聞く」の英語の4技能をバランスよく習得することになり、当然成績の評価が行われます。
2020年の実施より前に、前倒しで対策が取られることが確実なため、全国教育支援協会としても放課後イングリッシュのカリキュラムの全面的な改訂をしていく予定です。
尚、2014年度に6歳(年長)以上の子どもにとっても他人ごとではありません。教科世代と現行の必修化世代との年齢差は5歳程度であり、将来英語力に大きな差ができることが容易に想像できるからです。
さあ、放課後イングリッシュで将来に向けた準備に入りましょう!yasue-column1