なぜ自然体験活動が必要なのか

自然体験01 自然体験02]

自然体験03 080805_1552~0001

自然体験05 自然体験06

現代の青少年は、他者との積極的なかかわりが乏しい、家庭内で生活規律や社会のルールが教えられていない、テレビやコンピューターゲームに多くの時間を費やしている、地域とのかかわりが希薄、などの課題があるとされており、その結果、体力や運動能力、人や自然に対する感性、表現力やコミュニケーション能力、規範意識、命を大切にする心情などの低下が指摘されています。

体験活動の教育的意義(文部科学省)

リンク:http://www.mext.go.jp/

教育支援協会では、夏休みや冬休みの長期自然体験活動(ネイチャーキッズ)を実施しており、これまで北海道外から多くの子どもたちを受け入れてきました。

ふくしまキッズ

リンク:http://fukushima-kids.org/
東日本大震災福島第一原発事故で外で十分に遊べなくなった子どもたちに、せめて長期休暇には子どもらしく過ごしてもらおうと立ち上げた「ふくしまキッズ」の活動に参画しています。

南十勝長期宿泊体験活動交流協議会(STEP)

リンク:http://step-tokachi.org/
農林水産省の子ども農山漁村交流モデル地区の立ち上げに参画し、指導者の育成や受け入れのコーディネートに力を入れてきました。

放課後キッズ

放課後イングリッシュ

放課後サイエンス

放課後てらこや

地域社会教育サポート

だがしや楽校

出前授業

活動実績

お問い合わせ