子ども農山漁村交流プロジェクトリレーシンポジウム-2

子供手当応援ブック「はじめての自然体験活動」を販売するスタッフ栗原

受付嬢のみなさん

トークセッション「私をつよくした自然と地域」 右は目黒(現姓:金山)萌絵さん

事例スライドショー「農山漁村で子どもはかがやく」

事例トーク「子どもが変わる、地域が変わる」

会場に設けられた各受け入れ地域のPRブース

南十勝長期宿泊体験交流協議会(通称:STEP)のブースでは、協会本部スタッフ佐々木がお手伝い

*****************************************************

 参加した保護者から感想をいただきました。

 「このような素晴らしい取り組みがあることが広がっていくことを期待する。今日参加して知ったことを、自分も保護者レベルで広げていくように努力したい。本当にありがとう、頑張ってください。」 

 そして、「はじめての自然体験活動」の本を買って行かれました。

今後も私たちは、「そこらじゅうで子どもたちが自然体験活動をしている風景」を目指して頑張っていきます。

【自然体験の教育効果はこちらから】⇒ http://www.niye.go.jp/insreport_pdf/10taiken-press.pdf

***********************************************

 教育支援協会は、文部科学省「子どもを見守り育てるネットワーク推進会議」の委員であり、国と一緒に自然体験活動の推進を行っています。

★。☆・安江・★。☆

コメントをどうぞ