放課後おもしろサイエンス in 札幌静修高等学校

帯広圏に続き、札幌でも放課後おもしろサイエンスが始まりました。
札幌会場は、静修高等学校の理科室!
静修高等学校と理科部の皆さんの協力を得て、今年度も開催することができました。
この場を借りて、厚くお礼を申し上げます。

「子ども達に豊かな放課後を」
子どもたちには高校の理科室で、高校生のお兄さん・お姉さんとサイエンスに親しんでもらいました。

 「放課後おもしろサイエンス」のテーマは、
 ~むずかしいことを、もっとやさしく
    やさしいことを、より深く
そして深いことを、おもしろく~
これは、「放課後おもしろサイエンス」の生みの親である、教育評論家の阿部進(通称:カバゴン)先生の教えです。
生活が便利になり、様々な機械に囲まれて生活をしていると、「不思議だな」と感じる心がどんどんなくなっていくため、
「放課後おもしろサイエンス」では、子どもたちに「不思議だな、おもしろいな」という心の芽をはぐくんでもらいたいというのが狙いです。

静修高等学校では、2012年5月から2013年2月まで活動を予定しています。
今年度もよろしくお願いします。

コメントをどうぞ