NPO教育支援協会北海道・2011年度研修会

6/11(土)-12(日)にかけてNPO教育支援協会北海道・2011年度研修会を開催致しました。

講師は当協会の理事でもある教育支援協会・代表理事 吉田 博彦氏。

①これからの時代のNPOのあり方、新しい公共の考え方
→他国のNPOと日本のNPOの違いを社会情勢や関連法案も踏まえながら比較・解説頂きました。
日本という国にアジャストするNPO像について、またそれらを取り巻く環境の変化の予測・展望について講義頂きました。
②豊かな放課後と放課後教室のあり方
→社会情勢の移り変わりによる放課後に求めていられているものが変化していることについて比較・解説頂きました。
これからの放課後に求められるものについて講義頂きました。
研修会資料

【二日間を通じて】
普段は現場の視点から見ていることを、NPOのあり方や放課後活動そのものという大きな観点から考える「きっかけ」を得ることは、
1スタッフとして有意義な時間であったと痛感しています。

また普段はなかなか顔を合わせる機会のない本部事務局・札幌事務局の両スタッフが活発に意見交換を行うことでの一体感という副産物もあるのでは、と思います!

by sasaki

コメントをどうぞ