2019年11月 のアーカイブ

【放課後manasobi (学び×遊び)】 ~この秋から実施している放課後manasobiレポート from 幕別町札内~

2019年11月20日 水曜日

放課後manasobiでは月3回150分、子どもたちが放課後に集う場所です。
6時間目終わって遅れて来る子、習い事を済ませて遅れて来る子、学童経由で来る子、自宅から歩いて来る子、オープンから30分以内にバラバラ集まり、各自リラックス、おしゃべり、宿題、読書などが始まります。

全員集ったころを見計らい、講師が仕切る「英語活動」「プチおもしろサイエンス」「紙とペンの活動」「コミュニケーション活動」など、何かを一緒に行います。

********************************************
《放課後manasobiのあり方・ポイント》
・プラスなコミュニケーションの場であること
・系統だった学びを教え込むことはしない
・トピックごとにやりながらできるものだけ行う
・無理なく楽しめるものをするよう気をつける
・強制ではないので、やりたくなければ輪の外から様子見OKであること(やってみたくなったら途中参加OK)
・体験・経験を大切にする
・遊ぶように学び、学ぶように遊ぶことが目的(学び×遊び)

150分の居場所に30分×2回の学習プログラムをちりばめ、その前後はおやつを食べたり、自分たちで遊びをクリエイトしたり、気に入った英語アクティビティを子どもたちだけで再現・応用したりして遊んでいます。
もちろん、自分の好きな本を読んで盛り上がっている輪とは別世界の子もいます。ボーっと座って物思いにふける子、やり取りがうまくいかずいじけて隅っこにいる子。
manasobi-1
でも、、、いつの間にかまたみんな集まり(密集と表現するのがベスト)何やらワイワイしているのです。
manasobi-4
見守る私は子どもたちの自由な発想・あるもので楽しむワザを目の当たりにし、毎度関心をするばかりです。
学校、学年関係なく集い、過ごし、子どもたちの自由&楽しみたいパワーいっぱいの時間を一緒に過ごしています。毎回あっという間の150分!
manasobi-5
*******************************************

~特別ゲストが来てくれました!~

manasobi-2
私たちの仲間・放課後イングリッシュ講師であり、命の大切さを伝える活動をしている元助産師・坪井先生が参加してくれました。
全体の活動で自己紹介をして(名前と好きなことを発表)坪井先生の「プチ・いのちの話」を聞きました。
クイズ形式で簡単な質問のやり取りをしました。子どもたちは無邪気にシンプルな話を聞きながら「へ~」「そうなんだあ」とリアクション。やり取りを楽しみました。色んな大人と接してコミュニケーションを取り、何かを得てくれればいいな~と思います。
********************************************
秋から実施の放課後manasobi・・・・子どもたちの様子を見ながらアレコレと子どもたちのプラスになる導き方を模索している最中です。

体験参加者いつでも受付中☞http://kyoikushien-h.com/informations/20191018/

Reported by enomoto

放課後イングリッシュ Halloween 2019☆彡

2019年11月19日 火曜日

今年も各地の放課後イングリッシュでハロウィンパーティ&が行われました。

普段の活動も織り交ぜて頑張っている姿を見てもらったり、
保護者の方々とゲームで一緒に楽しんだり・・・

たくさんのお菓子ももらった子どもたちの、うれしそうな様子をぜひご覧ください!

【十勝地区】

【道央・道南地区】