2013年6月 のアーカイブ

放課後おもしろサイエンス札幌静修高校会場   月曜と水曜、2つのコースが始まりました

2013年6月28日 金曜日

今年も札幌静修高等学校の理科室で、「放課後おもしろサイエンス」がスタートしました。去年も参加してくれた顔ぶれに加えて、新しい子どもたちがたくさん来てくれました。
20130522_173710
好評の水曜日コースに加えて、月曜コースが新たに開設されました。いつでも体験活動に参加できますのでお待ちしています。
20130617_173213
今年は課外活動も企画中です。
20130619_162109

20130619_162051

20130619_161846

20130619_162710

20130619_162252
ワクワクして前の晩眠れないような、とっても楽しい課外活動を用意してお待ちしています。理科室から飛び出して生き物に会いにいく…?

「放課後てらこや」教育大学札幌校体験活動

2013年6月15日 土曜日

放課後てらこやのこの春の体験活動は、本日の教育大学札幌校(北区あいの里)が最後となりました。
アイスブレイク アイスブレイクの活動中。

さあ、今日の活動をみんなで決める「合議」が始まりました。自然とリーダーが生まれ、みんなの意見を取りまとめていきます。
合議

最初は「協力ゲーム」です。
一枚の絵を見て、どんな絵なのかを言葉で伝え、その言葉から絵に起こしていくゲームです。ここで「説明力」が問われます。
調査隊-1調査隊-2お絵描き隊-1

次は「熟議」の時間。本日のテーマ「本を読むことはいいことか、悪いことか。その理由。
じゅくぎのテーマ 

熟議の発表タイム。
じゅくぎの発表 今回は統一見解を見ることはなく、それぞれが少しずつ違う意見を発表しました。
Good!

漢字おんくんタイム。小学校で学習する1006字のうち、今日は小学校1年生の漢字の音読み27字をリズムに合わせて練習しました。練習して自信がついたら、振り仮名のついていないシートで検定をします。
漢字おんくん練習成果検定 参加したお兄ちゃんの小さな妹が、近くでリズムに合わせて応援しています。(私も参加したかったな~!って言っていました^^)

さて、その合間に、放課後てらこやの保護者説明会を行いました。
説明会

これからの世界に通用する人材に求められる能力ってなんでしょう。小学校6年生の学力テスト国語B問題には、コミュニケーション能力が問われる問題が出てきます。コミュニケーションとは、意見や言葉のキャッチボールができるということ。
てらこやでは、多様な考え方の人がいることを知り、自分の意見もちゃんと言えるようにしていきます。
意見が割れたらどうするか?民主主義では多数決という決定方法がありますね!
学力テスト国語B問題

てらこやで使用するメインテキスト「漢字おんくん」(練習用・検定用2冊セット)の説明です。
漢字おんくんテキスト説明

体験活動終了後、3年生の女の子が私のところに駆け寄ってきて、「わたし、てらこやに入るから♪」と耳打ちしてくれました。
また、帰り際に5年生の男の子が、「ぼく、楽しかったよ。」と私の目をしっかり見て言ってくれました。

放課後てらこや教育大学札幌校は、来週からの活動が決定しました!
                                by 安江

放課後てらこや十勝3会場でスタート!

2013年6月7日 金曜日

「放課後てらこや」という新しい放課後活動が十勝3会場でスタートしました!
子どもたちが自ら学ぶ力を身につけていくプログラムです。

会場は、帯広東コミセン(月)・札内南コミセン(金)・
音更町の学習塾「麦の芽学舎」(水)で、それぞれ月3回120分間の活動です。

詳しくはホームページもご覧ください↓↓
http://kyoikushien-h.com/terakoya

先日6/3は、帯広東会場での初回活動日でした。
感染症流行のため欠席が多く、出席者3名・大人は講師の他、
地域のボランティアが2名来てくださり、計6名で元気に活動しました!

まずは、みんなでスケジュール決め。このように決まりました。
s-20130603_1

絵本は、まずは全員で言葉遊びの絵本をたのしみ、2冊目は、
子どもたちが「読んでもらうのではなく自分たちで1行ずつ読みたい!」と言い
好きな絵本をみんなで決め、大人へ読み聞かせてくれました。

s-20130603_2

漢字をリズムにあわせて楽しく読み、覚える時間では、
各自練習後、最後に検定を行います。

この日はなんと、音読み・訓読み3人とも合格することができ
全員で抱き合って喜びました。

写真は、練習や検定も子どもたち同士でやっているところ。

s-20130603_3

他にもさまざまなプログラムをご用意しています。
引き続き、どちらの会場も無料体験を受け付けております!

みなさまのご参加をお待ちしております。お申し込みはコチラから↓↓
http://kyoikushien-h.com/taiken