2011年12月 のアーカイブ

2011年12月の放課後イングリッシュの活動も最終日を迎えました!

2011年12月27日 火曜日

こんにちは、フナコシです。

今年も残すところ4日となりました・・・

先週、今年最後の活動を様々な会場で終えて来ました。

12月のトピックは、子ども達の大好きな“クリスマス♪”

「What do you want for Christmas?」という質問に、

「I want ~!」

さすが、みんな自分の欲しいものを伝える意欲は抜群です!

中には、

「うーん・・・何にしよう・・・」「まだ決まってないし・・・」

と真剣に慎重に考える子ども達もいました(^^)

最終日には、ひとりひとり「クリスマスカード」を作成しました。

みんなの下にサンタさんはやってきたかな?


ふくしまキッズ北海道冬プログラム初日

2011年12月24日 土曜日

クリスマスイブの今日から一週間の予定で、七飯町大沼で)「ふくしまキッズ」がスタートした。

福島県から新幹線と在来線を乗り継いで93名の小・中学生が北海道に到着した。

今日の宿泊先は、道南の森町にある道の青少年施設、ネイパル森。
今は晩ごはん中。

明日から本格的なプログラムが始まる。

今回、ふくしまキッズと共催でこの事業を行っているのは、「子どもを守ろうプロジェクト協議会」で、その事務局を教育支援協会北海道が担っています。

☆Yasue☆

札幌 放課後おもしろサイエンス

2011年12月23日 金曜日

日時 12月21日(水)
時間 16:00~17:30
場所 札幌静修高等学校

12月は「温度」についての活動です。
まずは、「手の感覚から、水温を予想しよう。」ということで活動を始めました。

子ども達はグループ毎に配られたペットボトルの温度を手で触って予想します。
「お風呂よりぬるいから39度くらい」
「たぶん、10度!」
「いや、もう少し低いよ!」
実際にピタリと水温をあてるグループはありませんでしたが、1,2度の誤差で予想しているチームが多いことに驚かされました。


「温度を上げるには?」の活動は一番盛り上がりました。
350mlのペットボトルに3度の水を100mlだけ入れます。
子ども達に質問をしました。
ペットボトルの蓋をあけずに、水温を上げるにはどうしたらいいでしょうか?
「3分間で、誰が一番水温をあげることができるでしょうか?」で始めた競争では、たった3分間ですが、子ども達は思い思いの方法を試し、工夫する姿に、感動しました!!
一生懸命ペットボトルを振る子
手で暖める子

子どもたちの発想力には驚かされます。
ペットボトルをジャンバーにくるんで振る。
ヒーターにこすりつける。
キャッチボールをする。


結果的に31度まで水温を上げることができました。方法はお湯をはったお鍋につけこむ><

最後の「温度計をつくろう!」の活動は、最初から最後まで試行錯誤の連続でした。
ペットボトル・粘土・ストローで温度計が作れます。
子どもたちは先生の見本と手元の材料を見比べ、高校生のお兄さん・お姉さんと一緒に苦労しながら、手作り温度計をつくりあげました。
子どもたちの手作り温度計は、ちゃんと熱湯や冷水につけるたびに目盛りが変化しました。それに喜び、なんでそうなるのか不思議そうに首を傾げ、で自身の手でおもいついた色々なことを試していました。

1月は「てこと力」をテーマにします。
来年も放課後おもしろサイエンスをよろしくお願いします!
よいお年を!!

指導者研修会及び榎本先生のワ-クショップ

2011年12月21日 水曜日

こんにちは 札幌事務局です。
12月18日 札幌にて「指導者研修会及び榎本先生のワ-クショップ」を開催しました。午前中の研修会は放課後事業について、また指導者原論についての講義となりました。

午後のワ-クショップでは、10名の参加者が体を動かし体験的に、時には指導者として、また子どもたちになったつもりで、スキットや寸劇に挑戦しました。

恥ずかしがらずに大きな声で♪

 リズム感バッチリ☆

指導者には「演技力」が必要!!

思いっきり表現していくことで、参加者同士の距離もグッと縮まった様子でした。

榎本先生からちょっとしたポイントやコツを学ぶことができ、より楽しく引き付けられる活動をご自分のものにして実践していきたいと思う、とても充実した内容のワークショップとなりました。ご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。  

<札幌事務局 斉藤>

北見クリスマスイベント

2011年12月20日 火曜日
北見地区担当山口です。
12月17日(土曜日)、北見美幌地区クリスマスイベントを開催しました!!!
北見西地区住民センターで行われました。
美幌からも参加してくれたお友達もいて、全員で40人!!
大きな手形のクリスマスツリーの作成から始まり、クリスマスソング、サンタ&トナカイリレー、ピニャータ、と盛りだくさんのゲームとアクティビティーで楽しい時間を過ごしました。

サンタ&トナカイリレーではみんながサンタさんとトナカイに変身してソリを引っ張ります。
ソリにあるプレゼント(風船)が落ちてしまったり、大変でしたが、無事にみんな最後までプレゼントを運ぶことができました。

ピニャータは最初、遠慮気味に叩いていた子供たちも、なかなか割れないので日頃のうっぷんをはらすかのように、力いっぱい頑張って割っていました。
割れて、中からキャンディーが沢山出てきたときは「やった!!!」と一目散に走ってきました。ピニャターを持っていて頂いた、保護者の皆様ありがとうございました。
最後に全員でクリスマスソングを歌って、BOMB爆弾ゲームをしました。歌が終わった時に風船を持っていたら、アウト。大きな声で、「Merry Christmas!」と言わなければなりません。タイミング悪く、三回とも当たってしまった子もいましたが、みんな元気に言う事ができました。

本物のサンタさんはこれなかったけど、先生のお友達がサンタさんになってお手伝いしてくれました。
みんなへのプレゼントを持ってきてくれました。最後に一人ずつ英語での質問をされて、プレゼントをもらいました。
答えられるかな??なんて、緊張していた子もいましたが、みんな頑張って答えていました。日頃の放課後イングリッシュの成果ですね!
サンタさんも最後に「こんなに楽しくて素敵なクリスマスパーティーは初めてだよ!」と英語で言ってくれて、みんなしっかり聞いていました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後に写真撮影で終了。
初めての放課後イングリッシュ北見美幌のChristmasでした。


おもしろサイエンス準備中

2011年12月19日 月曜日

こんにちは、shiraishiです。
日々、理科班はおもしろサイエンスのプログラムを実験、検証しています。
そんな中、今回は写真のようなアイスの棒を使って、
今、TVでも話題のstick bombに挑戦しました。

なんでそんなになっちゃうの??
えっ?これが木の棒?
木のパワースゴイ!!!

成功したときには大人でも興奮しちゃいます。
子どもたちと一緒にできるように、現在準備を進めています、乞うご期待!
映像はこちら←クリックしてください
実験の様子はyou tubeでご覧いただけます。

札幌 放課後おもしろサイエンス

2011年12月15日 木曜日

日時 12月14日(水) 
時間 16:00~17:30
場所 札幌静修高等学校

今回は「温度」をテーマに活動しました。
プログラムは下記の3つでした。
温度計でいろんなものを測ろう
手の感覚だけで40℃のお湯をつくってみよう
どの容器が一番熱いかな?

活動では、子どもたちに「不思議だな」と感じてもらいながら参加してもらえるように工夫しています。温度を測る前に、子どもたちに必ず予想してもらいました。

常温水って、氷水って何度かな?
自分の予想は合っているかな?

氷に塩をいれてみる? さあ、どうなるでしょうか!?

どの容器が一番熱いかな?

子どもたちの思い思いの疑問が飛び出しました。
じゃあ、消しゴムを入れたら温度はどうなるかな?
発泡スチロールは空気があって穴だらけだから、一番熱いと思う。etc

放課後おもしろサイエンスでは疑問に思ったことを、自分の手でいろいろ試してもらいます。そうして理科を楽しんでもらいたいです。

来週21日は子どもたちに350mlのペットボトルをもってきてもらいます。
これで温度に関する「何か」を工作する予定です。
次回のレポートをお楽しみに!

音更小学校レポート

2011年12月13日 火曜日

こんにちは。帯広本部西野です。

本日の音更小学校の6年生のクラスです。
“Who stole the cookies?” まずはBig bookの読み聞かせ。

グループごとにオリジナルの劇を作りましょう。
オチはどうしよう?練習中です。

彼女たちにはデモンストレーションをやってもらいました。

さて、来週はいよいよ全グループの発表!
どんな劇が見られるのか楽しみです。

12月の元町北27条会館

2011年12月8日 木曜日

はじめまして、札幌事務局のきたはらです。

12/5の放課後イングリッシュ元町北27条会館は、
クリスマス一色でさすが12月☆といった雰囲気でした。

曲は”We wish you a merry christmas”~♪

最初はう~ん・・?という表情ですこし小声でしたが、
曲が掴めると、みんなだんだん声が大きくなりました。
(*゚▽゚)♪

でもゲームになると、はじめからみんな熱狂!



こたえがわかると”I know!” ”I know!!” ”I KNOW!!”の嵐。
写真では伝わらない迫力がここにあります(゚□゚)/I know!!!!(゚Д゚)/
Santa Claus,Snow man,Presentはみんな簡単!っていうお顔でしたが
reindeerはちょっと難しかったかな?

間もなくのクリスマスにむけて、プレゼントは何が欲しいかを
ゲーム形式でみんな考えました。
“I want to….iPhone!”

しかし、「あっわかる!」というとき、得意げなお顔になるのは
低学年クラスも高学年クラスも変わりませんね(^-^)

外は風が全方位から吹きつけるぐらい激しい天気でしたが、
今日のみんなは、そんなの何でもない!位とっても元気でした。

音更町小学校英語教員研修会

2011年12月6日 火曜日

こんにちは。帯広本部西野です。

本日は、音更町教育委員会主催の英語教員研修会がありました。
講師は当協会英語講師の榎本です。
体験的に楽しい英語活動を行うための実践ワークショップを行いました。

授業の進め方のレクチャーの後、グループごとに発表して頂きました。

会場は大盛り上がりです。

こどもたちと楽しみあう方法を学び、温かい拍手と笑顔で幕を閉じました。
先生方の今後のご活躍に期待です。