2011年8月 のアーカイブ

夕張に行って来ました

2011年8月24日 水曜日
110824_1551~01.jpg

夕張市はこの夏休みに、福島市の小学5年生から中学生200人を受け入れて、リフレッシュ体験活動を実施しています。

NPO教育支援協会北海道が実行委員をつとめる「ふくしまキッズ夏季林間学校」が現在北海道内で活動中ですが、夕張においても今後活動の拠点となるべく、模索が始まりました。

そのため、鈴木直道市長をはじめとする関係者の方々に、夕張の施設を案内していただきました。また、地元企業との意見交換もしました。

写真は廃校になった、幌南小学校校舎前です。ここは地元の団体が研修施設として準備をすすめているようです。

新しい公共の考え方のもと、行政、企業、NPO、地域が広域連携・協力して、北海道を自然体験活動の拠点とし、新たな産業を育成していきたいという構想を話し、賛同いただけたものと思います。

今後、夕張市との連携で、どのような自然体験活動が実現できるのか楽しみです。

コーディネーターとして、精一杯頑張ります!!

また、お邪魔します〜=3

★。☆.Yasue☆.★。

おもしろサイエンス出前 in池田町

2011年8月10日 水曜日

こんにちは!本部・内山です。

先日、2週続けて池田町におもしろサイエンスの出前に行ってきました!

★1週目(4~6年対象)…「ドライアイスのふしぎ」
★2週目(1~3年対象)…「音のふしぎ」

「ドライアイス」では、大きなドライアイスの塊を見たことのない子どもたち、
新聞紙にくるんであったドライアイスを開封するときから
期待に満ち溢れていて目がキラキラしていました。
開封して、白い煙がふわ~っと出ただけで「おぉ~!」と歓声が\(^▽^)/

それから色々な実験をしました。
風船にドライアイスのかけらを入れて置いておいたら、
しばらくたって忘れたころに爆発!!なんてビックリもありw(゜o゜)w

ドライアイス入りの水槽でシャボン玉が浮かぶという幻想的シーン

水にドライアイスを入れたら白い煙みたいなのがモクモクモク…

さらに洗剤を入れると、ブクブクブク!


ドライアイスという1つの材料で、色んな「ふしぎ」や「おもしろさ」を
体感することができたと思います。

2週目の「音のふしぎ」では、【振動】をキーワードに、ゴマを使った実験を行ったり、

紙コップなどを使った工作をして、音によるふしぎな現象を楽しみました。

名付けて『くるくるくん』


最初からうまくできる子もいれば、
何度チャレンジしてもなかなか成功できなくて
「もう疲れた~」と諦めかけてしまう子もいましたが、
私や周りの大人たちに手伝ってもらいながら最後の最後でうまくできて、
ホッとした表情の子どももいましたよ。

2日間で共通して感じたのは、「ふしぎ」な現象に触れたときに
感動したりワクワクする心を持つ子どもたちって、
本当にピュアでステキな存在だな~ということ。

普段やんちゃしているであろう子どもや、
あまり感情を表に出さないようなおとなしい子どもも、
それぞれに心で感じ、楽しみ、飽きることなく取り組むようすを見て、
とても感動しました。

これからも『よりおもしろい』おもしろサイエンスを目指し、
精進していかなければ!と決意を新たにした内山でした。

★内山★

今年の夏休み特別企画は・・・

2011年8月9日 火曜日

こんにちは。帯広本部の阿部です。
先週の土曜日に、帯広北高校において「放課後おもしろサイエンス」の
“親子で!わたあめマシンをつくろう”が行われました。


放課後おもしろサイエンスに参加してるお子様と保護者様が参加し、
力を合わせてわたあめマシン作り・・・

 

【真剣真剣】

【どこに穴開けたらいいのか相談中?】
 【支え合いながら大事な部品を取り付け中】
【1番に出来たよ!!】
【回ってる!!!!!】
【早速火にあぶってみます】
【お!!!!白い塊が見えますね】
【ぱく!!】
【なかなか思うようにわたあめが出てこない・・・】
【途中でつなぎ目が外れてしまうことも】

【ざらめだけでもパクリ】

手で持ちながらマシンを火に炙らなければならないので、
とても熱く、汗をかきながら今か今かとわたあめが出てくるのを
待ちました。わたあめが出てきたらひたすら夢中に巻き取る!!
しかし、これがなかなか難しいのです。
実際に私も前もって試した時にはほとんど巻き取れず
残念な結果となってしまいました。

普段何気なく食べているわたあめ。
お店で見るようなわたあめって簡単に出来ていそうだけれども、
何回も改良してあんな風に作れるようになったんですね。

わたあめがうまく出てこなくて相談する姿。
途中でつなぎ目が切れてももう一度つなぎ直して再チャレンジする姿。
手が焼けそうに熱くて痛いのに頑張ってマシンを火で炙り続ける姿。
そして、わたあめの素、ざらめを直接食べて楽しんでいる姿。
思い思いに過ごした1時間30分は、あっという間でした。

このマシンを使って、次はお家で家族のみなさんに
わたあめを作ってあげてください(^^)/

みなさま暑い中ご参加いただきありがとうございました。
次のイベントをお楽しみに~♪

//Kaori//

目指せ!! ナイスパフォーマー!!!!

2011年8月7日 日曜日
_1_2.JPG _2_2.JPG _3.JPG

こんにちは、札幌の栗原です。
J-SHINE養成講座の二日目です。
昨日の朝から皆さん、ビッシリ座学に集中していて、そろそろちょっぴりお疲れ気味……な、午後一番の講座は
安江先生のワークショップです。(^^)

小学校での英語指導について大切な事は、声が大きいこと、キャラクターが明るい事、そしてなにより楽しさを演出できる『パフォーマー』であれ。

それなら座学じゃ、学べません!!
“So everybody stand up!!”
皆さんに実践して身につけていただきます。

写真は導入時によく使う What’s missing? を皆で実践中です。
眠気を誘う午後一番の講座はアクティブな活動で皆さん楽しく学んでいます。

J-SHINE養成札幌講座

2011年8月6日 土曜日
_1.JPG _2.JPG

こんにちは、札幌の栗原です。

今日と、明日の二日間札幌エルプラザで小学校英語指導者養成講座を開催しております。

朝早くから全道から集まった受講者のみなさんが真剣にお勉強しています。

明日も同じ時間、同じ場所で講座が開かれます。

お願いしま〜す!!!!

2011年8月5日 金曜日

こんにちは、札幌の栗原です。
すっかりご無沙汰してしまいすいません。今は明日、明後日と札幌エルプラザで開催されるJ-SHINE講座の準備に大わらわです。
帯広本部の榎本さんも昨日から札幌入りして準備に余念がありません。

私は本部での普段の榎本さんの様子は分かりませんが、どうやらクラフトは苦手らしい彼女…。しかし‼見て下さい!!!! ふくしまキッズの為に立派なパネルと、募金箱を完成させてくれました(^-^)/
一通り、完成の満足感に浸ったあと、今度は狭い札幌事務所内で「お願いしま~す!!」と、募金活動の練習中…

素敵な広報グッズが出来ました。

野塚保育所!

2011年8月4日 木曜日


こんにちはshiraishiです。
今日は久々に広尾町へ行ってまいりました。

今年でかれこれ5年目の広尾町・英語活動。
最初は幼稚園だけでしたが、
保育所も回るようになって3年目。

今年、私が担当しているのは、野塚保育所です。
小規模な保育所ですが、駐車場につくとすでに
中から子どもたちの声が聞こえてきました。

本当は5人の子どもが参加する予定が2人お休みで
3人と私、保育所の先生で活動をしました。

はじめはもじもじいていた子も、あっという間の30分
活動の後、お別れのときには、
「もう、終わっちゃうの?」
「英語っておもしろいね。」
「また来てね。」
って、かわいいですね。

更に話は発展して、
みんなで玄関まで見送ってくれたのですが、
「先生のくつ新しいね。」
「カバンかわいいね。」
「私のくつもかわいいよ。」
って、お話好きな子どもたちでした。

shiraishi

音更町の夏休み子ども会

2011年8月1日 月曜日

こんにちは。エノモトです。
夏休み真っ只中、音更町内の子ども会による親子イベントに「内山先生の出前おもしろサイエンス」のお声がかかり、エノモトが同行しました。
「シャボン玉つくり」をしました。内山先生の見本を元に子ども達は自分たちでシャボン玉の液を作り、モールと針金を割り箸にくっつけて、思い思いの形にして大きなシャボン玉ができるよう・・・夢中で作成。


室内で試作を繰り返し、出来上がった自分だけのシャボン玉キットを外へ持ち出して、たくさんのシャボン玉を思いっきり飛ばします。


最後は内山先生お手製の道具で立方体のシャボン玉ができて子ども達もビックリ!
子どもたちの興味津々の様子が愛らしく、子どもらしく、ステキでした。