‘理科’ カテゴリーのアーカイブ

2014年度子どもゆめ基金助成活動
さんすう・数学が好きになる「測る科学大実験」
厚別信濃会館会場

2014年8月18日 月曜日

DSC01412

8月9日(土曜日)10日(日曜日)の2日間にわたって、札幌市厚別区の信濃会館を会場に、さんすう・数学の実験イベントが行われました。

DSC01353

公式から習う「平面や立体の表面積」を、いろいろな方法で推理したり測ったりします。

DSC01387

DSC01394

DSC01403

少数の割り算が出てきて計算は難しかったけど、グループの中で役割分担してがんばりました。
上級生は難しい計算ができて頼りになりました。

DSC01450

DSC01458

DSC01461

DSC01480

北海道の地図でスライムとプールを作り、スライムの量から面積を推理していきました。

DSC01508

難しいところもありましたが、みんなで協力して楽しく実験ができました。

さんすう・数学が好きになる「測る大科学実験」 札幌静修高等学校会場

2014年8月6日 水曜日

子どもゆめ基金助成事業として助成を受けて、8月2日3日、札幌静修高等学校の理科室をお借りして、小中学生対象の「さんすう・数学の実験」をしました。

写真 1

いつものように、静修高校理科部の高校生ボランティアがやさしくサポートしてくれます。

DSC01101

「捕獲再捕獲法」で小豆の数を推理したり。コインを投げる「モンテカルロ法」で面積を推理したり…。

DSC01198

計算はちょっと難しかったけど、みんなで相談しながら何とか推理していきました。北海道の面積は「モンテカルロ法」よりも「スライム・プール法」の方が実際の面積に近い数字が出せました。

8月9・10日は厚別信濃会館。8月16・17日は北海道大学で同様のプログラムが開催されます。

 

紙パックからecoはがき作り

2014年7月29日 火曜日

 

コルテナHS表

7月26日と27日、JR琴似駅直結の商業施設「コルテナⅠ」で、 放課後おもしろサイエンス・イベント 夏休み自由研究工作「牛乳パックから手作りecoはがきを作ろう!」 を開催しました。

IMG_0898

朝からPM2.5の注意報や荒天でずいぶん心配しましたが、多くの子どもたちが参加してキレイなはがきを作ってくれました。

IMG_0854

小学生だけではなく、幼稚園児も上手にはがきを作りました。

IMG_0884

仕上げは、キラキラのラメを載せて水を絞ってアイロンを当てて乾燥させます。

imgo-1

協会スタッフの他4名のボランティアのお手伝いがありました。ありがとうございました。

IMG_0837

サイエンス出前活動~帯広・栄保育園

2014年7月16日 水曜日

7月16日、帯広・栄保育園にて、サイエンスの出前活動として
「ドライアイス」を使った実験を披露してきました。
今回は7月生まれのお誕生会のあとのお楽しみイベントということで、
全園児が集まった中での活動でした。

SONY DSC

子どもたちを代表して、誕生月の子にはお手伝いをお願いしました。
SONY DSC

ドライアイスから出る煙でムクムクふくらむキリンさん、
倒れないように「ガ~ンバレ!ガ~ンバレ!」コールが沸き起こりました!
SONY DSC
SONY DSC

シャボン玉が水槽の中でフワフワ
SONY DSC

シャボンの膜がどんどん膨らんで、このあと…
SONY DSC
パッと一瞬にして割れ、煙があふれ出ると歓声がわきました。

最後に、見せた実験を子どもたちが体験するコーナーを設け、大盛り上がり!
SONY DSC

1~2歳の小さい子たちも含め、子どもたちは思いのほか集中して参加していて、
多くの子どもたちにドライアイスのふしぎさや楽しさが伝わっていればいいなぁと
思いながら実施してきました。

小さい頃は特に、色々な「ふしぎなこと」「おもしろいこと」に触れる機会をつくり、
それが楽しいと感じる心を育てることが大切だと改めて認識した活動でした。

★内山★

音のふしぎ~みんなで糸電話!

2014年6月6日 金曜日

放課後おもしろサイエンスでは毎月テーマを変えて活動しています。
十勝圏の5月のテーマは「音」
今回プロスパ会場で「みんなで糸電話」に挑戦してみました。
普通、糸電話といえば2個の紙コップを1本の糸でつないで
2人が離れて会話をするというものですが、
それを参加メンバー全員でやってみようという試みです。

最初は2人から、そこに1人加わって3人…

CIMG0793

4人、5人と成功し6人…

CIMG0792

さらに増えて7人…

CIMG0795

もうすぐ10人…

CIMG0796

いよいよ全員で、うまく声が聞こえるかな?!

CIMG0811

やった!12人成功!!(写真に1人写っていませんが)

糸電話で声が聞こえる仕組みをあえて解説はしませんが、
子どもたちは自ら“体験的に”色々なことを感じているようです。
例えば、
「糸がピンと張っているとよく聞こえる」
「ピンと張っていても糸の途中を触っていると聞こえない」
「声が聞こえるとき、紙コップを触る手がなんか気持ち悪い(震えてる感じがする)」
…などなど。
あちこちからそんな発見を聞くたびに、子どもたちの“体験的な学び”を実感。

さらに今回私が嬉しかったのは、12人で成功できたという事実だけでなく、
大人の私が口を出さなくても、学年も学校も異なるメンバーの中で
自らリーダーシップをとってまとめる子が出てきたり、
糸をつなぐのがうまくできない子のことを進んで手伝う子が出てきたりと、
1つのことを達成するためにリーダーを中心にみんなで協力し合い、
その結果成功できたという部分でした。

「子どもたちの、子どもたちによる、子どもたちのための」放課後活動。
改めてその意義を感じ、充実した活動となりました!

★内山★

放課後おもしろサイエンス「静修高校会場」今年も始まりました

2014年5月12日 月曜日

5月8日から静修高校会場で活動が始まりました。
30名近くの子どもたちが「体験活動」に参加し、ボランティアの理科部高校生や大学生達と楽しく過ごしました。
20140508_174347
地域では「静修の高校生が親切に手伝ってくれる理科実験活動」として評判も広がっています。
20140508_174333
初めて会った友だちと協力して楽しい実験と理科工作を進めて行きます。
20140508_174323
大切なのは「協力する!」「工夫する!」「楽しくする!」
20140508_174357
静修高校理科部OBも手伝ってくれます。
20140508_174318
2年生から6年生まで、まだまだ参加者を募集しています。
20140508_174340
無料体験に参加してみたい方は、https://ssl.form-mailer.jp/fms/668493c8163839 からお申込みください。定員になるまで募集しています。

【サイエンス】上浦幌へ出前講座

2014年3月28日 金曜日

こんにちは、本部の西野です。3/27(水)上浦幌町にて
16名の小学生と科学工作を楽しんできました!

本日のテーマは「バランス」。空き缶がなんと…!?

SONY DSC

浮くんです。子どもたち大興奮!「なんでなんで!?やりたい!!」
試して盛り上がったところで、お次は「針金やじろべえ」

どうしたらバランスが取れるかな??
SONY DSC

えっ!箸が浮いた!?
SONY DSC

それぞれ芸術的な作品が出きあがったところで、
最後に科学マジック!

暗号を解読せよ!
SONY DSC

特大トランプでもクイズを出し合って盛り上がりました。
SONY DSC

ご自慢の作品を持って集合写真!
SONY DSC

好奇心と発見でキラキラ輝く子どもたちの目と
イキイキした表情に囲まれながら、あっという間の1時間半でした。

またいつか元気にお会いしましょう!と、元気に手を振り
みんな大切そうに作品を持って帰りました。

子どもたちが「不思議だな」「わかった!」「おもしろいな!」と
過ごせる時間や機会をこれからもたくさんつくってまいります。

当協会の放課後、地域子ども教室では
新年度に向けて参加者を募集しております。

ホームページもご覧の上、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

本部・西野

【十勝】放課後おもしろサイエンス・放課後てらこや一斉体験実施中!

2014年3月14日 金曜日

今週、十勝の放課後おもしろサイエンス・放課後てらこやでは
春の一斉体験活動を実施しています。

写真はサイエンス・プロスパ会場で「水の表面張力」を利用した実験を
行っているところです。
DSC01770

DSC01779

DSC01792

DSC01803

講師がやって見せた実験を、今度は自分たちでやってみます。
見るだけでなく「自分でやってみる」ことで、
水のふしぎな力を肌で感じて学ぶことができます。

当協会の放課後活動では「体験的に学ぶ」ことを重視した活動を展開しており、
試行錯誤するプロセスも大切だと考え、講師が一方的に教えるのではなく、
子どもたちが自分で考え、工夫するなど主体的に活動に取り組めるよう
サポートしながら進めています。

一斉体験は今週で一区切りとなりますが、
空きのある会場・コースでは随時活動日に体験としてご参加いただけますので
ご希望の方は体験申込フォーム(サイエンスてらこや)
または本部事務局までお電話にてお申込みください。
異学年・異学校のお友達と一緒に楽しく学びませんか?
お申込みお待ちしています!

☆内山☆

放課後おもしろサイエンス 課外活動C『北大探検ツアー』報告

2014年3月10日 月曜日

 

 

 

 

20140308_0939343月8日土曜日の午前中。402札幌静修高校会場の参加者と保護者、静修高校理科部ボランティアが、3度目の課外活動C『北大探検ツアー』に出かけました。

20140308_094957正門で記念撮影のあと、クラーク先生を表敬訪問。「何か書いてあるよ」みんなは、クラーク先生の顔よりも台座の方に興味があるようでした。

20140308_095235博物館に行く途中、ニセアカシアの巨木が目にとまりました。「この木なんていったっけ?」さっそく触りに行ってみます。課外活動A「円山公園の樹木を探そう」で見つけた木でした。覚えておいて良かったね!

20140308_095426博物館は、10時会館。

20140308_095642北大ミュージアムクラブMouseionの太田さん達が、博物館の案内と解説をしてくれる予定です。「北大生ってどんな感じかな?」

20140308_101233太田さんのお話は、上手なイラストも用意してくれていて、小学生向けの分かり易いお話でした。北大生はとても真面目そうなお兄さんでした。

20140308_101600太田さんが、古生物を中心に30分程解説してくれました。そのあとも、ムーセイオンのメンバーの北大生の皆さんが館内を案内してくれました。

20140308_103156いろいろな質問をしていたS兄弟は、恐竜博士の実力発揮。


20140308_104703

 

北大博物館は、北海道ならではの特徴ある研究をたくさん展示紹介していました。

もっといろいろな展示も紹介してもらいたかったけど、それはまたの機会に…。

20140308_110230

 

Mouseion(ムウセイオン)の、太田さんメンバーの皆さん、ありがとうございました。

放課後おもしろサイエンス静修高校会場は、来週で今年度の活動を終えます。

新年度の予定は、4月中旬にホームページに掲載しますのでしばらくお待ちください。

 

 

静電気は不思議! 放課後おもしろサイエンス札幌静修会場、2月テーマは「静電気」

2014年2月17日 月曜日

まだまだ雪の降り続く札幌ですが、中島公園のとなりの札幌静修高等学校の理科室では、放課後おもしろサイエンスが盛り上がっています。

2月のテーマは、「静電気」

まず思いつくのが「下敷きと髪の毛」ですが、長い風船をティッシュでこすって静電気を体験しました。

20140205_171310

20140205_171233

 

 

自分の体にくっついたり、パチパチ音がしたり、静電気には不思議がいっぱいです。

20140205_171227

20140210_172143

20140205_171242

20140210_172154

20140210_172127

 

自分の頭にこすった風船に静電気を貯めて、蛍光灯が触れると一瞬「ピカッ」と光りました。

「本当に電気だ!」

20140205_172307#1

20140205_172348

3月の活動は、17日と19日が最後です。いつも一緒に手伝ってくれた理科部の高校生ボランティアともお別れです。

新年度の静修高等学校会場のご案内は、4月にホームページに掲載します。